<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< どうしようもないんですけどね? | main | 三角ボールペン。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | | - | - | -

スペクタクル十戒

思わずチケットが手に入ったので25日に見に行ってきました。

何もかもが(言い過ぎ・・・)初めてずくめ。

まず大阪に8年も住んでおきながら大阪城ホールに一回も行ったことなかったり。。。
「行った」という意味では初めてじゃないんだけど。
そのときはバイトで大阪城ホールに設置してた事務局に行ってたので
観客として行くと言う意味では初めてです。
あとは舞台と言ったら宝塚しか行ったことがないので海外のミュージカルを
見るのが始めて。

スタンド席ので観劇だったので、遠いせいか開演前は舞台装置が横40m、高さ12mといわれても小さく感じたてたのですが、公演が始まってみるとそんなことは思わなくなってました。
演出効果もすごくて、十戒と言えば海が割れるシーンがあるのですが舞台をぱっかり割るわけないしなーと思ってたら、すごっ!と思う表現で、うまいなーと関心してました。
後は場面転換のうまさ。いつの間に!な転換ばかりでした。。。
(初めての観劇でかなり浮かれぎみなご様子)

遠さがたたって出演者の顔が判別できないので「誰ですか?」な人たちが何人か。。。
でも音響効果もすごかったです。身体が振動するくらいの大音響と、出演者の声量。アーティストを使っていると言うこともあると思うのですが、
舞台の最後まで高音を出していても声が掠れることなく、声量も衰えることなく、しかも声がまたいいのです。
歌も仏語なのですが、なんとなくわかる感じ。
曲だけ聞いててもいいかも。

宝塚な舞台をイメージしていったのでセリフがあるものと思っていたのですが、セリフはまったくなしの歌のみ。
そのことも驚きだったのですが、最後出演者が挨拶するときに、アリーナの観客を手招きして、舞台のまん前まで呼ぶのです。
あれにはびっくり。
舞台によると思うんですが日本の舞台って大体が近づくのなし、おさわりなしな気がするのですが、
海外の舞台って反対に近づくのあり、おさわりありなんだなーと。
公演中も出演者がアリーナを歩いて回ってたり、観客と一体な感じはいいなーと思いました。

これならちょっと高くてもアリーナで見る価値は大いにありますよ。
今度他のミュージカルでアリーナ取ってみようと思います。

心の洗濯をしたような気がする一日でした。
ハタコ | 02:47 | comments(0) | trackbacks(1) | エンタメ

スポンサーサイト

スポンサードリンク | 02:47 | - | - | -

コメント

コメントする









トラックバック

★★スペクタクル「十戒」鑑賞★★

今日は雪や雨に降られることなく「十戒」in代々木体育館へ行ってきました♪ 募集の時は10組ぐらいの人数だったんと思うのですけどね・・・ モニター招待以外の招待の方も含めてご招待1500人もいたようです。 そんなにチケット余ってたの(苦笑) ネタバレありま

From ★★かずくんままのマネー&育児日記+α(モブログチャレンジ中)★★ on 2005/03/07 10:49 AM
このページの先頭へ